事業紹介

炭酸ガス施用研究の成果

炭酸ガス施用区は無施用区と比べて収量が29%高い

当社は、愛媛大学植物工場研究センターとのトマト実証栽培に関する共同研究において、炭酸ガス施用区(ハウス内炭酸ガス濃度が400ppmになるように施用)及び、炭酸ガスの施用を行わない区をそれぞれ設け、炭酸ガス施用の効果を検証する試験を行いました。その結果、炭酸ガス施用区の収穫量は、無施用区と比較して月平均約29%高いことが確認されました。
炭酸ガス施用区は無施用区と比べて収量が29%高い

※本データは、弊社共同研究先である愛媛大学植物工場研究センターのトマト実証栽培試験において得られたものです

炭酸ガスは植物自身の光合成により不足する

温室栽培などの外気から遮断された条件においては、植物自身の光合成により、温室内の炭酸ガス濃度が大きく低下します。この低下は植物の光合成を抑制し、収量の低下を引き起こす要因となるとされています。
炭酸ガスは植物自身の光合成により不足する

※本データは、弊社共同研究先である愛媛大学植物工場研究センターのトマト実証栽培試験において得られたものです

炭酸ガス濃度の上昇とともに光合成速度が上昇

植物周囲の炭酸ガス濃度が大気条件(400ppm)を下回っている場合、炭酸ガス濃度を上昇させると光合成速度が上昇する可能性が高くなります。大気条件を下回らないように炭酸ガス濃度を維持することにより、果実や根、茎、葉などの骨格となる炭素の供給を維持することが可能となります。
炭酸ガス濃度が大気条件を下回っている場合、炭酸ガス濃度の上昇とともに光合成速度が上昇

※本データは、弊社共同研究先である愛媛大学植物工場研究センターのトマト実証栽培試験において得られたものです

なぜ植物にとって炭酸ガスは必要なのか

植物の多くは、水・光・炭酸ガスを用いて糖をつくりだす、「光合成」を行なっています。光合成で生じた糖は、果実や茎、根や葉にいたる様々な場所でその構成要素、すなわち骨格として利用されます。この3つの要素、水・光・炭酸ガスのうち、どれか一つでも欠けると、植物の成長を妨げる可能性があるのです。
なぜ植物にとって炭酸ガスは必要なのか

充実の研究バックアップ体制

国立大学法人、地方公共機関試験場、企業をはじめ、様々な協力機関との研究活動を通して、確かなノウハウをお客様のもとへお届けいたします。
充実の研究バックアップ体制

お問い合わせ

お問い合わせは、お電話またはメールにてお願いいたします。
なお、メールでのお問い合わせの場合は、回答に数日かかる場合がございますので、お急ぎの場合はお電話にてお問い合せください。
製品およびガスの供給
に関するお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
048-662-5575 omiya@koatsugas.co.jp
受付時間は、月曜から金曜の9時から17時30分となります(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
メールでのお問い合わせの場合は、お名前を必ず入力してください。

Copyright KOATSU GAS KOGYO CO., LTD.All Rights Reserved.

top