事業紹介

なぜ今、炭酸ガスなのか

液化炭酸ガスを用いる理由

植物の光合成に炭酸ガスは必要です。この炭酸ガスを施用する手段として、液体炭酸ガスを用いた施用をお勧めする理由は大きく4つあります。
■クリーン ■熱を発生しない ■細かな濃度コントロール ■効率的な局所施用
液化炭酸ガス
液化炭酸ガス

クリーン

液化炭酸ガスは石油精製や化工品の製造過程で放出される炭酸ガスを精製・圧縮することにより、製造されています。よって、炭酸ガスの放出を意図した燃料の燃焼を行なうことはありません。
液化炭酸ガスは現在、持続可能な炭酸ガス施用手段として期待されています。
クリーン

熱を発生しない

液化炭酸ガスによる炭酸ガス施用は、熱を発生することがありません。
よって、温室内の温度を変化させることなく、施用ができます。
光合成が旺盛となりやすい日射量が大きい時間帯においても安定的な施用が実現可能です。
熱を発生しない

細かな濃度コントロール

液化炭酸ガスは、環境測定器における炭酸ガス濃度のモニタリング結果に基づいてppm単位で自動的にコントロールされます。
当社が提供するインターフェースによって、簡易かつ柔軟に炭酸ガス濃度を操作することができます。
細かな濃度コントロール

効率的な局所施用

作物の株元へ炭酸ガスを供給するため、ハウス内全体を炭酸ガスで満たす必要がありません。よって植物の周囲に、より多くの炭酸ガスを効率よく届けることが可能です。天窓や側窓を開けた状態等、様々な条件においても無駄を抑えることが可能です。
効率的な局所施用

お問い合わせ

お問い合わせは、お電話またはメールにてお願いいたします。
なお、メールでのお問い合わせの場合は、回答に数日かかる場合がございますので、お急ぎの場合はお電話にてお問い合せください。
製品およびガスの供給
に関するお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
048-662-5575 omiya@koatsugas.co.jp
受付時間は、月曜から金曜の9時から17時30分となります(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
メールでのお問い合わせの場合は、お名前を必ず入力してください。

Copyright KOATSU GAS KOGYO CO., LTD.All Rights Reserved.

top